初心者のための日経225先物の基礎知識講座

ここでは日経225先物についての概要・取引するのに必要な基本的な知識を紹介していきます。

 

日経225先物とは

日経225先物取引とは日経225の株式指数を先物取引の形で売買する、大阪証券取引所が商品化している金融商品のことを指します。
これだとちょっとわかりづらいかもしれませんが、つまり日経平均の数値が上がるか下がるかを予測して、売りや買いの注文を出す取引のことです。
レバレッジを効かせて取引することが可能なので少ない資本でも高いパフォーマンスを実現することが可能です。(日経225価格の1000倍の金額で取引が可能)


現物株式を買って保有するわけではないので、買いからも売りからもポジションを持つことが出来ます。よってどのような相場状況においても収益をあげられることが可能になります。
また現物株のように銘柄を選ぶといった手間がないというのも人気のポイント。日経225の数値のみを予測すれば良いので比較的研究・分析のしやすい金融商品と言えるでしょう。


この辺はFX(外国為替証拠金取引)と似ていますね。今後FXのレバレッジ規制が進むので日経225先物の人気はますます増加すると予測されています。
2006年には個人投資家向けに10分の1の証拠金で取引することが出来る日経225先物miniという商品も誕生しています。

証拠金について

日経225は証拠金取引ですので、取引するにあたって証券会社に証拠金を預けることが必要になります。
この証拠金の算出方法はSPAN証拠金の100%程度。SPAN証拠金とは大阪証券取引所が公表するもので、この数値は週ごとに変化します。
目安としては日経225先物の場合は30万円、日経225先物miniの場合は3万円程度が1枚を売買するのに必要な証拠金です。(2011年2月現在)

取引時間は?

日経225先物の前場・後場・夕場の3つに別れています。


前場(ぜんば);9:00~11:00
後場(ごば):12:30~15:10
夕場(ゆうば):16:30~20:00(夕場取引の取引美は翌日扱いになります)
となっています。


特徴としては現物株の市場よりも10分ほど取引時間が長いということ。この時間期間投資家などの注文多く入り、取引が集中する時間帯になります。

取引期間とポジションの決済方法

現物株やFXなどと日経225先物取引の少し違う点が取引期間です。


日経225先物は取引をするにあたって投資するポジションの期日を決める必要があります。ポジションはこの期日まで保有し続けると強制的に決済されてしまいます。
現物株のように損失をずっと塩漬けにすることは出来ないのです。(ポジションを継続して保有したい場合にはロールオーバーを用います)


3・6・9・12月の第二金曜日が期となっており、その日が最終取引日になります。
日経225先物が常に5つの限月で取引を行っているのに対し、225miniは2つの限月で取引を行っています。
決済に関しては期日内に反対売買を行い決済をするか、期日当日に自動的に決済されるかの二通りになります。

取引口座について

日経225先物の取引を行うには証券口座に専用の口座を開設する必要があります。
これは現物株の口座とは別物で『先物・オプション口座』という口座を開き取引することになります。
先物・オプション口座を開設すると、日経225先物だけでなくTOPIX先物、日経225先物mini、日経225オプションなどの金融商品も扱うことが出来ます。
手数料が安く、チャートなどの取引ツールの使い勝手が良さそうな証券会社を選ぶのが良いでしょう。

税制について

日経225先物取引で得た収益には税金がかかります。
税率は一律20%(内訳は所得税15%、住民税5%)、所得区分は雑所得で課税方法は申告分離課税です。
損失分は3年間繰り越すことが出来るので、収益がでても損失がでても確定申告をするようにしましょう。
取引をした証券会社から年間取引報告書が送られてくるので、その数値をもとに申告します。申告をきっちりちしないと3年間の繰越措置設けることが出来ないので注意が必要です。

 

このページの先頭へ